[厚生労働省委託事業]令和3年度 建設業若年者理解・定着促進事業(「つなぐ化」事業)

[厚生労働省委託事業]
令和3年度 建設業若年者理解・定着促進事業(「つなぐ化」事業)

「知りたい」と「知ってほしい」を結び、”建設業”という選択肢を広げる機会に。

建設業イメージ写真

私たちが暮らす社会の土台づくりを担っている建設業。
その建設業界の未来をつくっていく担い手を育てるために、建設分野を目指す生徒の「知りたい」と、人材を発掘したい建設事業者の「知ってほしい」を結ぶさまざまな機会を創出するのが『つなぐ化』事業です。
建設業の仕事の内容や醍醐味などを相互理解するまたとない機会を、キャリア教育の1つとしてぜひご活用ください。

「つなぐ化」事業とは?
建設業界と高等学校などの生徒・教員がつながる機会を提供することで、若年層の建設業への理解を深め、建設業界への入職促進と職場定着を図ります。
事業説明

「つなぐ化」事業の3つの取り組み

①建設のプロの技を体験!
「出前授業」

  • 建設のプロの技を体験!「出前授業」
  • 地域の中小建設企業・団体などが学校を訪問し、仕事内容やその魅力について紹介します。簡単な実作業などを行うプログラムもあり、プロの技を間近で見ることができる絶好の機会です。
プログラムの流れの一例
  • ①建設事業者からの挨拶、会社紹介
  • ②建設業について説明(仕事内容や魅力など)
  • ③テキストやビデオによる建設事例の紹介、実技演習(組立て)など

②リアルな現場を訪問!
「現場見学会」

  • リアルな現場を訪問!「現場見学会」
  • 地域の中小建設企業・団体などが携わっている工事現場を見学します。
    工事の規模や背景、使用機材などを実際に目で見て肌で感じると同時に、仕事内容や就労環境などを知ることができます。
プログラムの流れの一例
  • ①建設事業者からの挨拶、会社紹介
  • ②見学する現場の状況説明
  • ③実際の現場を見学

③仕事の「?」を聞く!
「意見交換会」

  • 仕事の「?」を聞く!「意見交換会」
  • 地域の中小建設企業・団体などと、高等学校などの生徒・教員が一堂に会し、就職や就労環境、建設業界の現状などについて意見交換を行います。学校側からは建設業界への疑問や要望を、建設事業者からは業界が求める人材像などを伝え、相互理解を深める機会となっています。
プログラムの流れの一例
  • ①事業者からの挨拶、会社紹介
  • ②意見交換スタート
    (●建設業の仕事の魅力とは/●建設業界の将来展望について/●建設業界への就職状況/●若手社員・女性社員の体験談 など)

お申込み

お申込みは、下記のアイコンをクリックし、申込みフォームに必要事項を記入してお申込み下さい。

お申込みにあたって
○事業開始日の45日前までにお申込みください。
○お申込み後、事務局より、内容・時期などのご相談についてご連絡いたします。
○日程によってはご希望に添えない場合もございますので、あらかじめご了承ください。
○新型コロナウイルス感染症対策へのご協力をお願いします。
○お申込みの際にいただいた内容・個人情報は事務局にて厳重に管理し、本事業以外の目的では使用しません。

お問い合わせ

[厚生労働省委託事業]
令和3年度「つなぐ化」事業
運営事務局 担当:板橋・栗原 株式会社東京リーガルマインド

  • 〒164-0001
    東京都中野区中野4-11-10 アーバンネット中野ビル
  • TEL:03-5913-6085(平日10:00〜17:00)
  • TEL:03-5913-6085(平日10:00〜17:00)
  • FAX:03-5913-6409
  • Mail:tsunaguka2021@lec.co.jp

建設キャリアップシステム(CCUS)のご紹介

建設キャリアアップシステム(CCUS)は、2019年4月に導入された、建設技能者の処遇改善等を進めるための建設産業独自のシステムで、建設技能者一人ひとりの就業履歴や保有資格などをオール建設産業で蓄積・活用する仕組みです。
CCUSにより、若い世代にキャリアパスと処遇の見通しを示し、技能と経験に応じて給与を引き上げるなど、国土交通省主導のもと、建設業界を挙げてCCUSの普及・活用による処遇改善に取り組んでいます。
令和5年度からはあらゆる工事でCCUSを完全実施するため、現在、国土交通省や地方公共団体が発注する公共工事などで活用が進められています。

動画によるわかり易い解説が見られます。下記をクリックして下さい。

建設産業の現状と取組み(YouTube)

PAGE TOP